1. IMG_4259

    IMG_4258

    IMG_4256

    というわけで、2014/6/12に発売になったばかりのOLYMPUS TG-3を購入しました。

    デイイチ(Kiss X4)もコンデジ(Lumix LX-3)も持っていて問題なく使えているので不要といえば不要なのですが購入しました。

    理由としては

    1. 海にいったりするので防水仕様のカメラがほしい。
    2. なにか+αでおもしろいことできるカメラが良い。

    です。

    1の理由は昔からOLYMPUSはμシリーズというけっこう強力な防水仕様のあるカメラがあることは知っていたので、OLYMPUSから探したらToughシリーズというのを難なく発見しました。

    2の理由の決め手になったのはやはり、顕微鏡モードです。

    前々から顕微鏡撮影的なミクロな世界の撮影に興味があって、さらに最近図鑑をみて深度合成撮影された小さい虫の巨大写真などにハマっていた所でした。

    顕微鏡モードで撮った写真のすごさを紹介します。

    まずはデジイチで撮った写真から

    ピントがあっていないですが、ガラス面に白い点がいくつかあるのがわかるかとおもいます。

    IMG_2019

    ピントを合わせるとこうなります。何かの生き物であることがわかります。

    これが、ぼくの持っているデジイチ&レンズの限界でした。

    IMG_2021

    ここからはOLYMPUS TG-3の顕微鏡モードでこの白い点を撮影したのがこちらです。

    IMG_4245

    これをさらに最大までズームするとこうなります。

    P6140011

    こんな小さい生き物の内臓まで確認できます。想像以上にすごくて、びっくりしました。

    しばらくは小さいものにハマりそうです。

     

  2. Eye-Fiが壊れたぽいです。症状としては

    • デジカメに挿れると電源が入らない。
    • 起動中のデジカメに挿れると電源が落ちる。
    • PCでは使えるけど、Write速度が900KB/s程度
    • PCで使用直後にカードを抜くとかなり熱い(推定45〜50度)

    以上から、推測ですが回路の何処かがショートして定格以上の電気が流れてデジカメでは起動できなかったのではないかと推測しています。

    修理にだすという手もあったのですが、Eye-Fiの機能自体はそんなに使っているわけではなかったので分解してみました。

    IMG_2083

    はい、わかりません。

    そこで、FlashAirを購入してみました。

    IMG_4243

    普通のSDカードを買いにいったのですが、すぐそばに置いてあったのでついつい買ってしまいました。

    使い方はEye-Fi mobi相当でしょうか、Eye-Fiのダイレクトモードに近いことができます。ただし、ダイレクトモードのように撮ったそばからどんどん自動転送するわけではなくて、ファイルを転送するかどうかは手動で実行するタイプです。

    具体的にはFlashAirのWi-Fiが起動すると、FlashAIrがWebサーバを起動するのでPCやスマホのブラウザでアクセスしてファイルをコピーする方法か、スマホには専用アプリがあるので専用アプリを使って転送する方式になります。

    なんでもかんでも転送してしまうガンガン系のEye-Fiに比べて、必要最小限の利用ができる感じです。

    ぼくの使い方からするとFlashAirのほうが良いかもしれません。

    Eye-Fiの機能をそんなに使っていないと前述しましたが、Wi-Fi転送だとどうしても時間がかかってしまい、じれったい上にバッテリーも消耗してしまうので結局SDカード直挿しでファイル転送するという使い方になっていました。

    便利な点でいうと、屋外で定点撮影(天体写真など)するときにiPadにダイレクトモードで写真を転送して、カメラ本体や三脚を動かさずに撮った写真がその場で確認できるのが便利でした。

    このような使い方なのでFlashAirはちょうど良いといった感想です。

     
  3. 謎の生物の捕食シーンを撮ってみました。

     
     

  4. 水草

    長い間グロッソスティグマの平面絨毯だけだったので、後景にマツモとラージパールグラスを追加した。

    IMG_1708

    ついでに、佗び草を上から吊るしてみたら一気に水槽の印象が変わった。次は真ん中の流木に何かを植えようかと検討中。

     

  5. 謎の生物

    海水水槽に謎の生物がいた。

    IMG_1677

    この謎の生物は謎の触手をゆらゆらと伸ばして、触手に触れたものを引っ張って捕食するらしい。今朝は熱帯魚用の粒エサをキャッチして本体内部に引っ張り込んだ。

    触手は推定20cmぐらい伸びてます。

    IMG_1686

    正体のわかる方はぜひ教えて下さい。

     

  6. Raspberry Pi

    Raspberry Pi を購入しました。

    ディスプレイもUSB接続のキーボードもないので、どうやってセットアップしようかと思ってたいのですが、ここのサイトを参考にセットアップしました。

    ちなみにOSはRaspbianです。

    http://blog.nambo.jp/2013/07/23/raspberrypi-mac-osx/

    セットアップは全然難しいことなく、無事に起動出来ました。

    続きまして無線LANでの運用をしたかったのでUSB接続の無線LAN子機を購入していたので、ここのサイトを参考にセットアップしました。

    http://kingyo-bachi.blogspot.jp/2013/07/raspberry-pilan.html

    こちらもスムーズにいきました。

    あまりにもスムーズすぎて拍子抜けです。すばらしい。

    追記

    SDカードに16GBのものを使っていたのですが、2GBしか使われていなかったようなのでパーティションをリサイズしました。ここのサイトを参考。

    http://blog.hello-world.jp.net/?p=219

     

  7. ルーター

    去年から出張用に小型のルーターってことでこれ使ってたんだけど、長期出張レベルになると接続機器が増えてしまうので負荷に耐えられなくて不安定になります。

    http://www.amazon.co.jp/dp/B007V9AWWE/

    安定して使えるのはせいぜい接続機器2-3台ぐらいまでで、それ以上つなぐと同じネットワークにあるはずの機器が認識できなくなったり、インターネットにアクセスできなくなったり、いろいろ挙動がおかしくなります。

    そこで、昨日これを購入してみました。そこそこの負荷にも耐えつつ、そこそこ小型ってところで。

    http://www.amazon.co.jp/dp/B00DC4KU88/

    メーカーとか機種はあまりこだわってなくて、店頭で店員さんに相談して決めました。
    ※最近はわからないけどバッファロー製ルーターの無線LANには過去に何度もハズレを引いたので個人的には無線用途では避けてますが。。。

    今のところすごく安定してます。
    接続機器は
    ・MacBook Air
    ・PS VITA
    ・nasne
    ・iPad
    ・iPhone
    ぐらいですが、きっと十分スペックでしょう。

    前者のAirPortルーターだとこれでもすごく不安定でした。

    でも、接続機器が絞られるならあの程度でも十分だと思います。あのサイズでマルチssid対応など機能も充実しています。5GHzと2.4GHzにも対応していたはず。
    ※5GHz縛りにはできませんが。

     

  8. iPhone5sバッテリー消費量 その1

    先日iPhone4sからiPhone5sに機種変更しました。

    バッテリー消費量がびっくりするほど変わりました。

    僕の使い方で平日のだいたいの平均です。朝は出勤時刻に100%の状態でケーブルから外します。
    帰宅時刻はだいたい21時ぐらいです。

    iPhone4s→ 帰宅時残量45%前後
    iPhone5s→ 帰宅時残量70%前後

    これはすごいと感動していました。

    しかし、今週の月曜日から突然消費量が激増しました。

    帰宅時残量が45%前後になるようなりました。使う頻度が上がったわけでもなく、設定変更もしていないです。

    そのまま3日間使用しましたが、いつも帰宅時は45%前後でした。3日間の間にネットでいわれているバッテリー消費量を抑える設定もためしてみましたが効果は感じられません。

    そこで、バッテリー消費量が上がる前にやったことを戻してみることにしました。

    消費量があがるまえにやったことは3つ
    1.Gyazoアプリのインストール
    2.SloProアプリのインストール
    3.iMovieアプリでプロジェクトの作成

    本当は一つずつ戻すとわかりやすいのですが、アプリのアンインストールとiMovieプロジェクトの削除をしました。

    するとどうでしょう。
    お昼時間開始時点で100%のままです。昨日まではお昼時点で70%前後でした。これは戻ったような気がします。

    経過を観察しつつ、前述の3つの変更点を一つずつ検証していきたいと思います。

     

  9. QEMUをMacOS X Mountain Lionにインストールしてみる。

    先日、仕事でAndroidアプリの開発にちょっと触れたときにQEMUというCPUエミュレータの存在を知って興味を持ったので、自宅のMacで動かしてみようと思いました。

    ①ダウンロード

    この辺りからダウンロードします。

    http://wiki.qemu.org/Main_Page

    今回はリリース版のqemu-1.4.0.tar.bz2というバージョンをダウンロードしました。

    早速解凍します。

    $ tar jxf qemu-1.4.0.tar.bz2

    bz2とは珍しい。。。たまにしかみないので、tarコマンドの j オプションを忘れます。

    ②ビルドする

    ビルドする前に、configureするのでオプションをみてみます。

    $ cd qemu-1.4.0

    $ ./configure —help

    Usage: configure [options]

    Options: [defaults in brackets after descriptions]

    Standard options:

      —help                   print this message

      —prefix=PREFIX          install in PREFIX [/usr/local]

      —interp-prefix=PREFIX   where to find shared libraries, etc.

                               use %M for cpu name [/usr/gnemul/qemu-%M]

      —target-list=LIST       set target list (default: build everything)

                               Available targets: i386-softmmu x86_64-softmmu 

                               alpha-softmmu arm-softmmu cris-softmmu lm32-softmmu 

                               m68k-softmmu microblaze-softmmu microblazeel-softmmu 

                               mips-softmmu mipsel-softmmu mips64-softmmu 

                               mips64el-softmmu or32-softmmu ppc-softmmu 

                               ppcemb-softmmu ppc64-softmmu sh4-softmmu 

                               sh4eb-softmmu sparc-softmmu sparc64-softmmu 

                               s390x-softmmu xtensa-softmmu xtensaeb-softmmu 

                               unicore32-softmmu 

    Advanced options (experts only):

      —source-path=PATH       path of source code [/tmp/qemu-1.4.0]

      —cross-prefix=PREFIX    use PREFIX for compile tools []

      —cc=CC                  use C compiler CC [cc]

      —host-cc=CC             use C compiler CC [cc] for code run at

                               build time

      —objcc=OBJCC            use Objective-C compiler OBJCC [clang]

      —extra-cflags=CFLAGS    append extra C compiler flags QEMU_CFLAGS

      —extra-ldflags=LDFLAGS  append extra linker flags LDFLAGS

      —make=MAKE              use specified make [make]

      —install=INSTALL        use specified install [install]

      —python=PYTHON          use specified python [python]

      —smbd=SMBD              use specified smbd [/usr/sbin/smbd]

      —static                 enable static build [no]

      —mandir=PATH            install man pages in PATH

      —datadir=PATH           install firmware in PATH/qemu

      —docdir=PATH            install documentation in PATH/qemu

      —bindir=PATH            install binaries in PATH

      —sysconfdir=PATH        install config in PATH/qemu

      —localstatedir=PATH     install local state in PATH

      —with-confsuffix=SUFFIX suffix for QEMU data inside datadir and sysconfdir [/qemu]

      —enable-debug-tcg       enable TCG debugging

      —disable-debug-tcg      disable TCG debugging (default)

      —enable-debug           enable common debug build options

      —enable-sparse          enable sparse checker

      —disable-sparse         disable sparse checker (default)

      —disable-strip          disable stripping binaries

      —disable-werror         disable compilation abort on warning

      —disable-sdl            disable SDL

      —enable-sdl             enable SDL

      —disable-virtfs         disable VirtFS

      —enable-virtfs          enable VirtFS

      —disable-vnc            disable VNC

      —enable-vnc             enable VNC

      —disable-cocoa          disable Cocoa (Mac OS X only)

      —enable-cocoa           enable Cocoa (default on Mac OS X)

      —audio-drv-list=LIST    set audio drivers list:

                               Available drivers: coreaudio sdl fmod

      —audio-card-list=LIST   set list of emulated audio cards [ac97 es1370 sb16 hda]

                               Available cards: ac97 es1370 sb16 cs4231a adlib gus hda

      —block-drv-whitelist=L  set block driver whitelist

                               (affects only QEMU, not qemu-img)

      —enable-mixemu          enable mixer emulation

      —disable-xen            disable xen backend driver support

      —enable-xen             enable xen backend driver support

      —disable-xen-pci-passthrough

      —enable-xen-pci-passthrough

      —disable-brlapi         disable BrlAPI

      —enable-brlapi          enable BrlAPI

      —disable-vnc-tls        disable TLS encryption for VNC server

      —enable-vnc-tls         enable TLS encryption for VNC server

      —disable-vnc-sasl       disable SASL encryption for VNC server

      —enable-vnc-sasl        enable SASL encryption for VNC server

      —disable-vnc-jpeg       disable JPEG lossy compression for VNC server

      —enable-vnc-jpeg        enable JPEG lossy compression for VNC server

      —disable-vnc-png        disable PNG compression for VNC server (default)

      —enable-vnc-png         enable PNG compression for VNC server

      —disable-vnc-ws         disable Websockets support for VNC server

      —enable-vnc-ws          enable Websockets support for VNC server

      —disable-curses         disable curses output

      —enable-curses          enable curses output

      —disable-curl           disable curl connectivity

      —enable-curl            enable curl connectivity

      —disable-fdt            disable fdt device tree

      —enable-fdt             enable fdt device tree

      —disable-bluez          disable bluez stack connectivity

      —enable-bluez           enable bluez stack connectivity

      —disable-slirp          disable SLIRP userspace network connectivity

      —disable-kvm            disable KVM acceleration support

      —enable-kvm             enable KVM acceleration support

      —enable-tcg-interpreter enable TCG with bytecode interpreter (TCI)

      —disable-nptl           disable usermode NPTL support

      —enable-nptl            enable usermode NPTL support

      —enable-system          enable all system emulation targets

      —disable-system         disable all system emulation targets

      —enable-user            enable supported user emulation targets

      —disable-user           disable all user emulation targets

      —enable-linux-user      enable all linux usermode emulation targets

      —disable-linux-user     disable all linux usermode emulation targets

      —enable-bsd-user        enable all BSD usermode emulation targets

      —disable-bsd-user       disable all BSD usermode emulation targets

      —enable-guest-base      enable GUEST_BASE support for usermode

                               emulation targets

      —disable-guest-base     disable GUEST_BASE support

      —enable-pie             build Position Independent Executables

      —disable-pie            do not build Position Independent Executables

      —fmod-lib               path to FMOD library

      —fmod-inc               path to FMOD includes

      —oss-lib                path to OSS library

      —enable-uname-release=R Return R for uname -r in usermode emulation

      —cpu=CPU                Build for host CPU [x86_64]

      —disable-uuid           disable uuid support

      —enable-uuid            enable uuid support

      —disable-vde            disable support for vde network

      —enable-vde             enable support for vde network

      —disable-linux-aio      disable Linux AIO support

      —enable-linux-aio       enable Linux AIO support

      —disable-cap-ng         disable libcap-ng support

      —enable-cap-ng          enable libcap-ng support

      —disable-attr           disables attr and xattr support

      —enable-attr            enable attr and xattr support

      —disable-blobs          disable installing provided firmware blobs

      —enable-docs            enable documentation build

      —disable-docs           disable documentation build

      —disable-vhost-net      disable vhost-net acceleration support

      —enable-vhost-net       enable vhost-net acceleration support

      —enable-trace-backend=B Set trace backend

                               Available backends: nop, dtrace, simple, stderr, ust

      —with-trace-file=NAME   Full PATH,NAME of file to store traces

                               Default:trace-<pid>

      —disable-spice          disable spice

      —enable-spice           enable spice

      —enable-rbd             enable building the rados block device (rbd)

      —disable-libiscsi       disable iscsi support

      —enable-libiscsi        enable iscsi support

      —disable-smartcard-nss  disable smartcard nss support

      —enable-smartcard-nss   enable smartcard nss support

      —disable-usb-redir      disable usb network redirection support

      —enable-usb-redir       enable usb network redirection support

      —disable-guest-agent    disable building of the QEMU Guest Agent

      —enable-guest-agent     enable building of the QEMU Guest Agent

      —disable-seccomp        disable seccomp support

      —enable-seccomp         enables seccomp support

      —with-coroutine=BACKEND coroutine backend. Supported options:

                               gthread, ucontext, sigaltstack, windows

      —enable-glusterfs       enable GlusterFS backend

      —disable-glusterfs      disable GlusterFS backend

      —enable-gcov            enable test coverage analysis with gcov

      —gcov=GCOV              use specified gcov [gcov]

    NOTE: The object files are built at the place where configure is launched

    なるほど、なんだかいっぱいオプションがありますね。

    あとでじっくりみることにして、今はとりあえずデフォルトでいきます。

    $ ./configure 

    〜略〜

    gcov              gcov

    gcov enabled      no

    特にエラーもなくうまくいったようです。

    そのままmakeします。

    $ make

    〜略〜

    (cd /tmp/qemu-1.4.0/pixman; autoreconf -v —install)

    autoreconf: Entering directory `.’

    autoreconf: configure.ac: not using Gettext

    autoreconf: running: aclocal 

    configure.ac:67: error: ‘AM_CONFIG_HEADER’: this macro is obsolete.

        You should use the ‘AC_CONFIG_HEADERS’ macro instead.

    /usr/local/Cellar/automake/1.13.1/share/aclocal-1.13/obsolete-err.m4:14: AM_CONFIG_HEADER is expanded from…

    configure.ac:67: the top level

    autom4te: /usr/bin/m4 failed with exit status: 1

    aclocal: error: echo failed with exit status: 1

    autoreconf: aclocal failed with exit status: 1

    make: *** [/tmp/qemu-1.4.0/pixman/configure] Error 1

    エラーでこけました。

    AM_CONFIG_HEADERじゃなくてAC_CONFIG_HEADERSを使うべきだと言っているようです。該当のソースを修正します。

    $ vi pixman/configure.ac

    67行目をコメントアウトして、こんな感じに直しました。

     67 # AM_CONFIG_HEADER(config.h)

     68 AC_CONFIG_HEADERS(config.h)  

    再びmakeします。

    $ make

    〜略〜

      CC    unicore32-softmmu/target-unicore32/ucf64_helper.o

      CC    unicore32-softmmu/target-unicore32/softmmu.o

      LINK  unicore32-softmmu/qemu-system-unicore32

    最後までうまくビルドできたようです。

    ③インストール

    インストールします。

    $ sudo make install

    〜略〜

    libtool: unknown option character `-’ in: —quiet

    Usage: libtool -static [-] file […] [-filelist listfile[,dirname]] [-arch_only arch] [-sacLT]

    Usage: libtool -dynamic [-] file […] [-filelist listfile[,dirname]] [-arch_only arch] [-o output] [-install_name name] [-compatibility_version #] [-current_version #] [-seg1addr 0x#] [-segs_read_only_addr 0x#] [-segs_read_write_addr 0x#] [-seg_addr_table <filename>] [-seg_addr_table_filename <file_system_path>] [-all_load] [-noall_load]

    make: *** [install] Error 1

    なんと、installでこけましたw

    libtoolあたりに問題があるようです。

    $ vi config-host.mak

    78行目をコメントアウトしてこんな感じで修正しました。

     78 # LIBTOOL=libtool

     79 LIBTOOL=glibtool   

    再びインストールします。

    $ sudo make install

    〜略〜

    install -m 755 qemu-system-unicore32 “/usr/local/bin”

    strip “/usr/local/bin/qemu-system-unicore32”

    最後までインストールできたようです。

    MacOS X Mountain Lion環境では、一部のファイルを修正する必要がありましたが、いちおうインストールできたようです。

    これからちょっと触ってみようと思います。

     
  10. SmartTriggerを買いました。

    デジイチ用のリモコンです。

    リモコン自体はボタンが二つだけという非常にシンプルな構成で、心もとない感じがします。

    実はこれiPhoneからBluetoothで接続してiPhoneのアプリから操作ができます。

    ・リモート撮影

    ・ジャンプ撮影

    ・タイマー撮影

    ・タイムラプス

    の4種類があります。

    リモート撮影はホールド機能があったりするので連射も手放しで行えます。

    タイマー撮影はいわゆるセルフタイマーですが、iPhone側で残り時間が見えたりするので便利です。

    ジャンプ撮影はiPhoneの加速度センサーを使ってシャッターを切る機能です。

    タイムラプス撮影もできます。デジイチでタイムラプス撮影したら4K動画にすることも夢じゃありません。

    リモコン本体は単4電池1本(別売り)で動作します。

    このSmartTriggerで一番惚れ込んだところは、リモコンとカメラを接続するためのケーブルが別になっているところです。

    ほとんどのリモコンはリモコン本体にケーブルが内蔵されているため、自分の使用しているカメラにあわせてリモコンも買う必要がありました。

    だけど、SmartTriggerはケーブルが別売りのためもしカメラ本体を別メーカーのカメラに買い替えたとしてもケーブル(1000円程度)を買うだけでリモコンが安心して使い回せます。

    すばらしいです。